SDカードの種類と特徴

カメラに対応するSDカードの種類とは?

SDカードには大きく分けて、通常のSDカードとmicroSDカードの2種類があります。microSDカードはSDカードの4分の1程度の大きさのSDカードで、スマートフォンやオーディオプレイヤーで利用できる場合が多いです。一方で、カメラやパソコンなどは通常のSDカードが対応している製品が多くなっています。microSDカードは、SDカードとしても利用できる変換アダプターが存在するため、SDカードの代替として利用できます。逆に、通常のSDカードはmicroSDカードの代わりとして使うことができません。

SDカードはそれぞれ容量別に、「SD」「SDHC」「SDXC」の3種類の規格に分けられます。2GBまでがSD、4GB~32GBがSDHC、32GB~2TBがSDXCと定められています。カメラの機種によって使えるSDカードの規格が異なる場合もあるため、規格に合わないSDカードを買ってしまわないように注意しましょう。基本的に、2GBのSDは全ての機器で利用できますが、SDHCやSDXCは対応機器でしか使えません。

また、カメラで撮影したデータをパソコンへ転送する際には、読み取り速度も重要となってきます。SDカードの規格は同じでも、読み取り速度は製品ごとに大きく異なります。頻繁に大量のデータを転送する機会がある場合は、読み込みの速いSDカードを選ぶことで処理時間が短くなり、ストレスも軽減されるでしょう。