SDカードの種類と特徴

SDカードの種類と用途別の選び方

SDカードは、さまざまな種類がある外部ストレージです。それぞれの種類ごとに対応している製品が異なっているため、購入時は使えないSDカードを誤って購入しないよう注意する必要があります。SDカードは大きく、SDカードとmicroSDカードの2つに分けられます。

SDカードは、切手ぐらいの大きさを持つ記録メディアです。デジタルカメラやPCをはじめ、さまざまな製品で利用されています。その中でも、2GBまでがSDカード、4GB~32GBはSDHCカード、64GB以上をSDXCカード、と種類が分けられています。使用できるSDカードは製品によって異なりますが、一般的にSDXCカードに対応している製品であれば、どの容量のSDカードでも使えるようになっています。

microSDカードは、SDカードの4分の1程のサイズの小型記録メディアです。タブレットやスマートフォン、携帯用ゲーム機といった小型メディアには、microSDカードが採用されている場合が多いです。microSDカードは、専用の変換アダプタを利用すれば、通常サイズのSDカードとして利用することも可能です。

需要がどちらかに偏っているわけでもないため、SDカードを購入する際は、自身が利用する製品に対応するSDカードをしっかりと把握して、購入すればよいでしょう。画像や動画などは容量も大きいため、特に容量制限が製品にない場合は、大きな容量のSDカードを購入しておくのが無難です。